読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊る猫の生活

創作のような日常/日常のような創作

夜の散歩

Return of Dr Octagon

Return of Dr Octagon

 

真夜中のこと。とろとろと発泡酒を呑みながら稲垣足穂の『一千一秒物語』を読んでいると、ふと夜の散歩をしたくなった。

この時期はまだまだ寒い。私はコートを着込んで靴下を履き直して外に出掛けた。それで近所のセブン・イレブンで弁当を買おうかと思って誘蛾灯に誘われる蛾のようにふらふらと入り込んだ。

私が住んでいるのはど田舎だ。そんなところにあるコンビニだから駐車場は広い。こんな時間帯でもまばらに車が停まっている。暖を取ろうということなのかもしれない。私はその駐車場を横切って店内に入ろうかと思った。その時呼び止められた。

「ねえ」

それでその声がした方向を見ると、今どき珍しくゴスロリ姿の少女が立っていた。夜中なので彼女の纏っていた黒いドレスに気がつかなかったのだ。赤いリボンを胸元に垂らした彼女は、夜闇に不気味に光る白い顔を歪めて笑顔で話し掛けて来た。

「良いものあるんだけれど、買わない?」

 どうせ怪しげなドラッグの類だろう。私がそう思っていると彼女は「そんなケチ臭いものじゃないわよ」と言って掌大の大きさの機械を懐から取り出した。

「これ、何だか分かる?」

もちろん分かるわけがないので私が黙って機械を見ていると彼女は言った。

「これ、月を動かせる機械なの」と。「五百円で買わない?」

「悪い。そういうのは間に合っているんだ」

「まさか」と彼女は言った。「月を動かす機械なんて持ってないでしょう?」

「月を動かすのに興味はないんだ」と言って私は立ち去ろうとしたら

彼女は言った。「ねえ、何だったら負けてあげるわよ。四百円でどう?」

「三百円なら考えてもいいな」

私たちは交渉の末に、三百五十円でそれを買うことに決めた。

セブン・イレブンで「熟成豚のねぎ塩カルビ弁当」を買って帰った私は少女が売っていた機械をしげしげと眺めていた。だが、どこからどう見てもそれはひと昔、いやもっと昔に流行ったポケベルに他ならなかった。起動させてみると一応動くが、私はポケベルなんて使ったことがないからどうしたらいいのか分からない。それで貴重な銭を損したことに腹を立てつつ、その晩は缶ビールを呑んで寝た。

次の日の夜、ネットが何だか騒がしい。異常気象だとかこの世の終わりだとかそんな話題で持ち切りだ。私は外に出て空を眺めてみた。

月はふたつになっていた。